あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置
鳥取の旅と歴史
鳥取の旅    西伯郡大山町

下山神社
しもやまじんじゃ
鳥取県西伯郡大山町大山


 下山神社は、大神山神社に向かっての左手に鎮座しています。社殿は津和野藩主、亀井隠岐守矩貴が文化2年(1805)に再建したものです。大神山神社奥宮末社で本殿・幣殿・拝殿は国の重要文化財の指定を受けています。
 その昔、渡辺源五照政は大智明権現(地蔵菩薩)を崇信し、毎月必ず参詣していました。しかし、参拝した帰路に鈴木某と争って破れ、死んでしまいました。里の人々が憐れみ、大山下山の地に小祠が建てられ、下山善神と呼んだそうです。照政が後に白狐となり、数々の霊験もあり霊を祀ったともいわれています。


鳥取県のトップページへ 旅と歴史トップページへ


直線上に配置

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO