あなたは 番目の訪問者です。(ogino作成共通カウント)
直線上に配置
山口の旅と歴史
山口の旅    下関市

長府毛利邸
ちょうふもうりてい
山口県下関市長府惣社町4−10
Tel 083-245-8090


 長府毛利邸は明治36年(1903)に長府毛利家14代当主の毛利元敏(もうりもととし)の邸宅として建てられたものです。
 9900m2もの敷地と1100m2の館は、長府毛利氏の威光を示す最後のものです。また長府毛利氏遺跡のうち唯一現存するものです。
 廃藩置県後、華族は東京に住むことを義務付けられていました。毛利元敏も東京に住んでいましたが、天皇の許可を受けて長府に帰り、明治31年(1898)屋敷の新築に着工しました。 
 完成間近の明治35年(1902)11月には、明治天皇が、熊本で行われた陸軍大演習を視察され行在所(あんざいしょ)として使用されました。この部屋は当時のまま残されていて往時を偲ばせてくれます。
 白壁に囲まれた敷地は約1万平方mと広く、池泉回遊式庭園、枯山水庭園、書院庭園の3つの庭園があります。
 池泉回遊式庭園は本館より南に出て竹垣や土塀で仕切られた石段を下りていくとあります。いたるところに石組の趣向が凝らされ、船着石などは水深の深さによって見え隠れする趣向を取り入れています。
 枯山水庭園の中心は203cm高の立石です。この石は滝を象徴し、この枯滝を基点に渓谷美のを形成し、築山の中頃よりのゆるやかな流れを下流で合流させています。
 書院庭園では縁先手水鉢と沓脱の花崗岩、飛び石とのつながりに意匠を凝らしていて庭全体の風格を高めています。


山口県のトップページへ 旅と歴史トップページへ


直線上に配置

SEO [PR] カード比較  冷え対策 温泉宿 動画無料レンタルサーバー SEO